出会い系サイト規制法とは

まず出会い系サイト規制法というのは略称であり、正しくは「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」です。近年増加傾向にある青少年関連の事件や犯罪を背景に、何度か改正を繰り返しています。

出会い系サイト規制法の目的

大きな目的としては、児童(18歳未満)の健全な育成を保護すること、犯罪に巻き込まれるのを防ぐこと、というものがあります。異性交遊を仲介する出会い系サイトのような業者や団体には、児童にそれらを利用させないような措置をとる義務があります。また、相手が児童と知っていてもいなくても、児童と何らかの異性関係を結んでしまった場合はこれに違反することとなり、刑事罰が課せられます

具体的な出会い系サイト規制内容

出会い系サイト規制法の具体的な内容は以下です。

出会い系サイト運営側
  1. 出会い系サイト運営に関する届出を行うこと
  2. 利用者の年齢確認を行い、児童には利用させないようにすること
  3. 児童を性行為に誘引しないこと
  4. 第三者を児童との性行為に誘引しないこと
  5. 規制法に抵触する恐れのある書き込みやユーザーに対しては速やかに対処すること
出会い系サイト利用側
  1. 当然のことながら、児童である場合はそれらを利用してはいけない
  2. 児童を対象とするような書き込みを行ってはいけない
  3. 児童と金品が絡むような書き込みを行ってはいけない

出会い系サイト規制法の問題

以上のような規制法があるにも関わらず、違法出会い系サイトや違法行為を行うユーザーは後を耐えません。まず見極めるべきポイントはサイト側。年齢確認は重要項目であるにも関わらず、それを怠っていると思われる出会い系サイトは利用してはいけません。

特に無料のサイトは無法地帯となっていることが多く、援助交際や児童犯罪の温床になっている危険性もかなり高いです。サイトの評判などについては出来る限り調べてから利用するようにしましょう。

そして無料・有料に関わらず、出会い系サイトを介して対面した相手の年齢は必ず確認するようにしましょう。相手の年齢を知っていても知らなくても、法に抵触したことへの言い訳にはなりません。起こってしまってからでは遅いので、運営側に頼りきらず自分の身は自分で守るようにしましょう。

優良出会い系サイト口コミ評価撰 トップへ